« ゆかりの地。 | トップページ | 返信率。 »

ナナが逝きました。

我が家の一員であったナナが先日逝きました。

シーズー犬で、年寄りになっても美人だったナナ。14歳という一生を安らかに終えました。

ガンが見つかったのは去年だったと思います。

抗がん剤治療でガンの進行を抑えていたものの、副作用により体調が悪くなることがあり、抗がん剤治療が行えなくなりました。

少しずつ大きくなっていくガンのせいで、息苦しそうな様子でした。両親の話しによると、数日前には座布団が真っ赤になるほどの出血があり、もうだめかと思ったそうです。

その後、一旦持ち直したものの、辛そうな様子や食事も摂れない状態だったため、安楽死を選びました。

人間の判断でその生き物の終わりを決めてしまうこと。しかし生きていても息苦しく、食べれず、少しずつ弱ってきてやがては亡くなってしまうこと。どっちが正しいか・・・何度も頭の中で考えましたが堂々巡りです。

どっちが正しいかは今も分かりません。

ただ、鼻をすすりながら母が電話をしてきたとき、その決断をせざるを得なかった母のことが心配でした。ナナは母のことが大好きでした。

私が実家に着いたとき、ナナの身体はまだ温かく、ただ寝ているだけのように見えました。

自宅に帰るとナナの思い出がたくさんあふれてきました。時には一緒に走り回り、時には怒鳴りつけたこともあり、一緒に寝たことや家を脱走して大騒ぎしたことも思い出されました。

今頃ナナは天国で待っているマロンと再会していると思います。

 

さぁ、涙をぐっと堪えて。また生きてゆきましょう。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

|

« ゆかりの地。 | トップページ | 返信率。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ぱとさん
犬の方が寿命が短いのだから、仕方ないって分かってるけど、やっぱり別れは悲しい・・・。
だからこそ少しでも長く楽しい時間を過ごしてください^^

投稿: あきどん。 | 2010年11月15日 (月) 15:32

他人ごとではうちもまだ元気そうですが
咳がひどくなってきていて。。
怖いですね。なるべく一緒にいて楽しく過ごしたいです。

投稿: ぱと | 2010年11月 3日 (水) 18:52

>てるさん
二匹ともそうでしたが、一番多くの時間を過ごした母に看取られて逝ったことが、そして看取ってあげられたことが何より幸せだったと…
私は大丈夫☆心配かけちゃいけないし(^-^)

投稿: あきどん。 | 2010年10月29日 (金) 09:52

>たむたむさん
ありがとうございます(泣)
2日間くらいは一人になると涙が出てきてました。きっと見守ってくれてますね♪♪いつも優しいお言葉ありがとうございます☆


投稿: あきどん。 | 2010年10月29日 (金) 09:48

なんて書いてよいのか・・・(Tへヽ)(/へT) シクシク..

とても幸せだったと思うよ・w・b

心配しちゃうから、気を落とさないでね。

投稿: てる | 2010年10月28日 (木) 02:16

たくさんの愛情と思い出を胸に旅立っていったのですね。
こんどは二匹で天国から、あきどんさん一家を見守ってくれることでしょう(^-^)g"

投稿: たむたむ | 2010年10月27日 (水) 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆかりの地。 | トップページ | 返信率。 »